RIDER INFO
トップページ   チーム ヒストリー   走行テスト   結果報告
 
 ■第1ライダー
     
 
     

[PROFILE]
氏名:中村敬司(KEIZY) TTSレーシング サポートライダー
生年月日:1976年9月25日
出身地:愛知県新城市
URL:http://nccfactory.cocolog-nifty.com/blog/

3歳でポケバイ、5歳でCR80のモトクロス、7歳の時に3輪バギー、そして10歳で手に入れたスクーターでボアアップやチャンバー、タイヤ交換などを自分で覚えるという異色の経歴の持ち主である。

16歳で本格的にレースを始める。NSR50と出会い衝撃を受けてミニバイクレースに参戦、 3ヶ月でコースレコード、1年後にはモトチャンプ杯明智にてコースレコード、S50及びS80の改造クラスを2クラス制覇!! 
20歳には、まるち杯全国大会にて念願の日本一を獲得。その後4年連続で日本一。2クラス制覇。
ミニバイク全国遠征で強豪と戦う楽しさにはまり10年以上ミニバイクレースを戦い、台湾や韓国などのミニバイクレースにも参戦。TTSとの出会いはこの頃である。
2012年鈴鹿CBR250Rカップに参戦。初戦から連勝。2012年最終戦筑波サーキットで優勝コースレコード。2013年は筑波は初戦から3連勝しチャンピオン獲得。鈴鹿選手権CBRカップでは初戦から2連勝、東、西、フルコースでコースレコードを出すが転倒もありチャンピオンを逃す。

[RESULTS]
1992年 ミニバイクレースを始める
1993年 モトチャンプ杯明智にてコースレコード
S50及びS80の改造クラスを2クラス制覇
2012年 鈴鹿CBR250Rカップ参戦、初戦から連勝
最終戦筑波サーキットで優勝コースレコード
2013年 鈴鹿CBR250Rカップ参戦、開幕2連勝
筑波3連勝、チャンピオン獲得
2014年 ST600鈴鹿選手権参戦。初戦2位
2戦目の練習で転倒し怪我により戦線離脱
2015年
鈴鹿1戦 ST600 優勝 東コース開催 コースレコード
ST250 トップ争い転倒リタイヤ
鈴鹿2戦 ST600優勝 西コース開催 コースレコード
PIRELLIカップ 2位
鈴鹿3戦 ST600 優勝 フルコース  コースレコード
ST250 2時間耐久ダブルエントリー 10位 コースレコード
鈴鹿4戦 ST600 4時間耐久レース 優勝 耐久コースレコード
鈴鹿5戦 ST600 優勝 西コース
PIRELLIカップ 3位
鈴鹿NGK杯 ST600 優勝 コースレコード
JSB1000にダブルエントリー 優勝コースレコード
2016年 全日本2&4参戦 300km耐久 26位(8時間耐久権利獲得7位)
PIRELLIカップ鈴鹿ラウンド 2位
アジア選手権 鈴鹿ラウンド RACE1-16位 RACE2-14位
鈴鹿サンデーJSBインタークラス 予選コースレコード (決勝マシントラブルリタイヤ)
鈴鹿8時間耐久レース JSBクラス 54位完走
2017年 鈴鹿 8 時間耐久レース参戦 決勝 55 位
 
 
 ■第2ライダー
     
 
     

[PROFILE]
氏名:國川浩道 TTSレーシング サポートライダー
生年月日:1981年11月5日
出身地:千葉県八千代市
URL:http://kunikawa.com/

21歳でのレースデビューながら ポテンシャルはまだ成長途上の國川浩道
自動車整備学校を卒業後レースの世界へ 挑む稀有なライダー
ビジネスの傍ら、その他モデルや俳優など多方面でも活躍中

【主な活動実績、出演情報】
・kuni school、オフロード走行会開催、運営。
・栃木県TBC学院様にて講演。
・広島県西条市酒祭り出演。
・TV フジテレビ系番組『ガチ婚』
・映画 株式会社ゴセント企画『ひきこさんVS貞子』
・ラジオ TBSラジオ「千葉ドリーム! もぎたてラジオ」 千葉県知事様との対談

【モデル活動】
・HYODプロダクツ2016秋・冬カタログモデル
・iPhone アプリ「WANTED」「相性診断 2Shot」モデル
・スーパーオートバックス様社内用制服モデル ・各種バイクカタログモデル等 多方面にて活躍中

[RESULTS]
2003~2005年 ロードレース初参戦、筑波選手権など地方戦で活躍 3連勝、レコード樹立など
2006年 SP忠男レーシングチーム ST600フルエントリー(全日本デビュー)
2007年 SP忠男レーシングチーム GP250 フルエントリー
2008~2009年 DyDoミウレーシングチーム ST600フルエントリー
2010年 全日本RR ST600クラスフルエントリー(残り2戦を残し世界GPへ)
最高位3位 ST600シリーズランキング第8戦まで2位
世界GP MOTO2クラススポット参戦(日本、マレーシア、バレンシア、ポルトガル、オーストラリア)
2011年 全日本RR ST600クラスフルエントリー
最高位9位 シリーズランキング16位
8時間耐久レース初参戦 10位完走(206ラップ)
2012年 全日本RR ST600クラスフルエントリー
8時間耐久レース参戦 TOHORacing最高位8位 予選最高位10位 ランキング16位
2013年 全日本RR ST600クラスフルエントリー 最高位5位 予選最高位4位 シリーズランキング10位
8時間耐久レース参戦 モトバムレーシング予選18位(チームベスト) 決勝49位完走 164周
2014年 全日本RR ST600クラスフルエントリー 最高位 優勝 予選最高位2位 シリーズランキング11位
8時間耐久レース参戦 予選9位 決勝5位入賞
2015年 ピレリチャレンジカップ 初代チャンピオン獲得 (6戦参戦中5戦で優勝 ポールポジション4回、ファステストラップ獲得5回)
鈴鹿8時間耐久レース参戦 周回数及ばずリタイア
2016年 世界選手権WSS(ワールドスーパースポーツ)第3戦(スペイン・アラゴン)スポット参戦 (ピレリチャレンジカップ初代優勝者としてのインセンティブ参戦)
KUNIスクール開校(フラットトラック走行でスキルアップトレーニング)
2017年 世界選手権WSS(ワールドスーパースポーツ) ESSクラス参戦
鈴鹿 8 時間耐久レース参戦 決勝 55 位
Kuni school 開催
 
 
 ■第3ライダー
 
現在、選定中・・・
 

TOP  TEAM HISTORY  RIDER INFO  TEST RIDE  RESULT

TTS RACING.COM  Facebook

Copyright© Tsuruno Technical Service All Rights Reserved