TEAM HISTORY
トップページ   ライダー紹介   走行テスト   結果報告
 
  鶴野 浩 (hiroshi tsuruno) 通称つるつる
ブログ:つるつるの独り言 ときどき更新! 脳梗塞後遺症との闘いの日々
2006年にミニバイクのミニモトチームとしてレース参戦開始し、2012年にはCBR250Rドリームカップ、2014年にはST250クラスのアジアドリーム2時間耐久レース、ST600クラス4時間耐久レースとステップアップし、2016年には世界耐久選手権である8時間耐久レースに参戦することが叶いました。
この年は様々なアクシデントやトラブルが発生しましたが、鈴鹿の仲間の協力やチームスタッフの努力でそれを乗り越え、初参戦ながら見事53位でチェッカーフラッグを迎えることができました。
この2016年の8時間耐久レース参戦で得たノウハウを基にTTSの各パーツに、更に磨きを掛け、2018年はチーム体制をオイルメーカーのspeedHeart(スピードハート)様をメインスポンサーに「speedHeart TTSレーシングチーム」として第41回 8時間耐久レースSSTクラスに参戦します。 皆様と一緒に成長してきたTTSの応援をよろしくお願いします。
 
■ROAD TO Suzuka8耐 2018
   
 
2006年この年初めてTTSレーシングチームとして鈴鹿ミニモトに参戦、ミニバイクのチャンピオンたちを招集、左から藤永 優、中村敬司、岸田年正   エースとして速さをみせる中村だがエンジンブローでリタイヤ
     
   
 
1年のブランクを経てTTS minimotoチーム再集結   2008年minimotoオープンクラス 5位
     
   
2008年この年よりST100クラスにも中村敬司が初ライド、4位    
     
   
 
2009年ミニモトOPENクラスグリッド   OPENクラスをエースとして激走する中村、マシントラブルで74位完走
     
 
STクラスの混戦をトップグループでレースを作る中村   2009年、STクラスでついに念願の初優勝
     
   
   
2010年最後の参戦になったminimoto OPENクラス予選5位決勝6位走行中転倒リタイヤ    
     
   
 
2012年より闘いの場をCBR250ドリームカップでロードレースデビュー   2012年鈴鹿全日本MFJGP併催CBR250Rドリームカップでポールtoウィン!
     
   
 
2013年CBR250Rドリームカップ筑波選手権4戦中3勝でシリーズチャンピオン獲得   2013年シーズン途中からST600クラスに乗り始め、初参戦の2013年NGK杯ではトップ争いを演じる
     
   
 
アジアドリームエンデュランスレースST250マシンを駆る中村   アジアドリームエンデュランスレース初参戦にして2位表彰台
     
 
2014年ST600クラスで鈴鹿4時間耐久レース初参戦、トップ争いするがペナルティで14位完走   2014鈴鹿地方選手権ST600クラスを走る中村 敬司選手よろしくお願いいたします。
     
   
 
2015年2度目の挑戦の鈴鹿4時間耐久レースでついに優勝!   2015年2度目の挑戦の鈴鹿4時間耐久レースで終始トップを快走
     
   
   
JSB1000参戦2戦目となる2016年鈴鹿2&4で快走、8耐参戦資格を取る    
     
■8耐本戦    
 
     
 
     
 
     
 
     
   
     
 
     
 
     
 
     
     
 

TOP  TEAM HISTORY  RIDER INFO  TEST RIDE  RESULT

TTS RACING.COM  Facebook

Copyright© Tsuruno Technical Service All Rights Reserved